Flashカレンダー


最近の記事*コメント


カテゴリー


ブログ検索


リンク


スイセンプロジェクト


ファンタジスタです(^^)


 1stステージ「Wanted !」
 2ndステージ「バミューダ!」
 3rdステージ「黄色い花と3000の夢!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

管理人より

サフラン

Author:サフラン
 
1957年生まれ*天秤座*B型
夫と成人した娘が二人
そして2ニャン+ワンの家族構成
東京都下に生息(^^)

細かなカテゴリ分けをしていない
不親切ブログで申し訳ありません。
品種名をコピーして「ブログ検索」
をかけていただくと、他画像もご覧
いただけます。


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


過去ログ


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高温多湿

かと思えば、夜はぐっと涼しくなり。。。未明に寒くて目覚めてしまい
ました。年齢的なものでしょうか?外気になかなか対応できなくてダルさを
感じています。風邪気味なのかもしれない。。。苦笑


*メアリー・マグダりン(ER)
少しお休みして、また元気に咲き始めました。1番花より少し淡い感じ
かもしれませんね。仄かにさしたピンクやアプリコットがニュアンスを
添えています。
メアリー・マグダりン

メアリー・マグダりン

メアリー・マグダりン

メアリー・マグダりン



*コーヒー・オベーション(Pol)
花は大きくないのですが、この花色はとても存在感がありますね。
コーヒー・オベーション

コーヒー・オベーション

スポンサーサイト

しのぎやすかったせいか

1番花のあとすっかりだんまりを決め込んでいたバラにも、動きがでて
まいりました。やはり自然の恵みが一番なのでしょうね。もっとも雑草
も勢いが増大していますが。。。(^^;....

*ピーチ・ブラッサム(ER)
今回はとても優しいピンクに♪
ピーチ・ブラッサム



*ザ・ナン(ER)
う~ん♪やっぱりいいわぁ~~~(*^-^*)
ザ・ナン

ザ・ナン



*ルドゥテ(ER)
こちらも負けずに透明感のある素敵な花ですよ。うふふ。つい沢山撮って
しまいました。
ルドゥテ

ルドゥテ

ルドゥテ

ルドゥテ



*ハニー・ディジョン(HT)
今年伸びたシュートの先に房咲きに。
ハニー・ディジョン

ハニー・ディジョン

パティオ・ローズ

大きなバラは熟考しないと難しくなってまいりましたが、パティオサイズと
なるとつい触手が。。。一口にパティオといっても大きさも性質もマチマチ
なのですけどね。笑
8号以下でスッキリおさまり、トゲは少なめ、なおかつ適度にボリュームの
でるものがあればウェルカムローズとしていくつか揃えておきたいと考えて
います。大きなテラコッタにプラスチック鉢ごとすっぽり入れてしまえば万全。

今は大きな鉢バラが置きっぱなしです。綺麗な時もそれなりの時も悲惨な時も
ず~っとそのまま。笑
10号をとっかえひっかえしてた時期もあったのですが、腰を痛めてからは
とてもその気になりません。それでなくとも粗忽ですからトゲを引っ掛けたり
枝をポキンと折ったりもしましたし。苦笑

な~んて(;^_^A
長い長い前置きは性懲りもなく、また買ってしまった自分への言い訳だっ
たりするのです。爆


*あんじゅ(Patio)
小川宏(日)
すでに咲き進んでおりますが可愛い♪ 新苗です。
花芯が飛び出たところが。。。デベソ。。。じゃなくて、ユーモラスです。
咲き始めはピンクらしいですよ???
あんじゅ



*パープル・スプレンダー(FL)
退色すると花の濃淡で株全体に表情が生まれ雰囲気が変わります。
パープル・スプレンダー

パープル・スプレンダー

パープル・スプレンダー



*エセックス(S)
エセックス



*イザベル・ルネッサンス(Renaissance Rose)
こちらは正常な位置に咲いています。笑
イザベル・ルネッサンス



*ウィリアム・クリスティー(Generosa)
あまり見たことの無いキュートな表情だったのでパチリ♪
ウィリアム・クリスティー

一休み♪

雨のおかげで砂漠化していた庭の緑が生き生きとしてまいりました。
遮るものが何も無く大部分が斜面ですから、水はけも良すぎて少々の
水遣りでは持ちません。風の影響も強くバラたちにとっては過酷な環境
です。本当はもっと別のお家に迎えられたかったかも。。。苦笑

朝から雨なので家事もそこそこに、お茶を入れて好きな本をめくります。笑
薔薇図鑑

ガーデン&ガーデン特別編集「はじめてのバラ~居心地のいい庭つくり」
監修:ローズ・オブ・ローゼス 大野耕生さん
素敵なお庭の写真は見ているだけで夢の世界に。笑
仕立てや管理もわかりやすくまとまっていてGoodですよ。
バラの本を見つけるとつい手がでてしまいます。

うふふ。実践しているかというと。。。それはまた別問題。
我が家の庭は「素敵な庭」には程遠く、良く言ってバラ畑または見本市の
様相。手入れは最小限。しかし色々な品種を楽しみたいという我儘を追求
しますと。。。只の畑に相成りましたとさ。笑
自己満足しているのですから問題はありませんが。。。もうチョット工夫も
必要かな?と思う今日この頃。いつものごとく思うだけ┓(´_`)┏アハ


*パープル・スプレンダー(FL)
樹が充実してくると10cm前後の花径になるそうですが、我が家のは大きく
て7-8cmといったところ。花付きはとても良さそうです。残念ながら
枝枯れが止まらず大苗で買った時の枝は5cm弱の1本をのぞき全て一掃
してしまいました。今年は細めではありますが良いシュートが3本。
大事にいたします。
パープル・スプレンダー



*ダン・ポンセ(Generosa)
ダン・ポンセ



*ザ・シェファーデス(ER)
ジーン・ティアニーかムーンスプライト?と見紛うばかりの卵色!
サイズも5cm弱と可憐です。
ザ・シェファーデス


*イザベル・ルネッサンス(Reneaissance Rose)
株元から10cmほどで咲いてしまっています。花径は8cm程度。
か細く大きくなれないシュートの先にポツリと咲いたので俯いて地面スレ
スレ。良い枝にはなりませんから株元からカットして持ち帰りました。
イザベル・ルネッサンス

恵みの雨

シトシトですが降り始めました。暑さも和らぎ恵みの雨になりますように。

*ピーチ・ブラッサム(ER)
ピーチ・ブラッサム

ピーチ・ブラッサム



*アルンウィック・キャッスル(ER)
アルンウィック・キャッスル



*ザ・シェファーデス(ER)
ザ・シェファーデス

ザ・シェファーデス

ザ・シェファーデス



*ウィンドラッシュ(ER)
ウィンドラッシュ

ウィンドラッシュ



*ソニア・リキエル(Generosa)
1995年 Guillot(仏)
冬に掘りあげて場所を移動したせいか、少し遅めの開花かもしれません。
元気です♪
ソニア・リキエル

ソニア・リキエル

ソニア・リキエル



*ダン・ポンセ(Generosa)
1999年 Guillot(仏)
少し鉢が大きすぎたようで。。。小さな鉢に移動。こちらも元気に開花。
ひとまずホッとしてます。
ダン・ポンセ

ダン・ポンセ

ダン・ポンセ



*セカンドエディション(Cut Rose)キリンローゼズガーデン
セカンドエディション

セカンドエディション

砂漠化

水遣りにも少々疲れが。。。苦笑
一雨欲しいところです。

*ジュリア(HT)
またしても開ききってしまいました。これも可愛いから良しっ!笑
ジュリア



*アルンウィック・キャッスル(ER)
花色の妙を撮るつもりが。。。どこに目がついているのか。。。トホホ
アルンウィック・キャッスル



*グレイ・パール(HT)
2階の水撒きでおこぼれが。笑
グレイ・パール



*香茶(Min)
香茶



*ウーメロ(修景)
ウーメロ



*スィート・カバー(修景)
スィート・カバー



*ビビ・メイズン(ER)
ビビ・メイズン

ビビ・メイズン

曇り空

降りそうで降らない曇り空。こんな日は少し淋しそうな感じもしますが
バラ本来の色がしっとり冴えて目に映るように思います。写真日和とも
言えますが、残念ながらバラたちは一休みです。笑

*イングリッシュ・ガーデン(ER)
イングリッシュ・ガーデン

イングリッシュ・ガーデン



*ザ・ナン(ER)
待ちに待った元気なシュートがメキメキと伸びてまいりましたので安心して
咲いてもらえます。笑
ザ・ナン



*チャールズ・ダーウィン(ER)
シックでとても素敵な色合いに咲いてくれました。様々な表情が楽しめる
のは育てている醍醐味です。
チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィン



*ウーメロ(修景)
1996年 Meilland(仏)
ウーメロ



*ティファニー(HT)
あっという間に開いてしまいました(^^;....
ティファニー



*ベンジャミン・ブリテン(ER)
ベンジャミン・ブリテン

梅雨は何処に?

*ロッキンヴァー(ER)スコティッシュローズ
連日の暑さであっという間に開いてしまうのですが、透明感のある花色に
清涼感があり暑さを和らげてくれる気がします。モチロン気のせいですが
。。。笑
ロッキンヴァー

ロッキンヴァー

ロッキンヴァー

ロッキンヴァー



*グレイス(ER)
グレイス

グレイス



*モリニュー(ER)
モリニュー

モリニュー



*ウィンドラッシュ(ER)
ウィンドラッシュ

ウィンドラッシュ



*ゴールデン・セレブレーション(ER)
ゴールデン・セレブレーション



*ティファニー(HT)
ティファニー



父の日

笑顔のお父さんが沢山いらしたことでしょうね。小さなお子さんたちの
可愛い「お父さん」の似顔絵を見かけ和みました。


*ジーン・ティアニー(Generosa)
ジーン・ティアニー

ジーン・ティアニー



*グレイス(ER)
グレイス



*ワイルド・ブルー・ヨンダー
ワイルド・ブルー・ヨンダー

ワイルド・ブルー・ヨンダー

ワイルド・ブルー・ヨンダー



*クレシーダ(ER)
クレシーダ

クレシーダ



*チャーミアン(ER)
チャーミアン



*フルフル(HT)
2001年 広島バラ園(日)
今の今までフロリバンダだと思い込んでいました。汗
日差しの影響を受けやすいようなので、この花を見て置き場所の移動を
しました。笑
只今の花径7cmくらいです。
フルフル

フルフル



*ウィンドラッシュ(ER)
細長い蕾も可愛いのですよ。笑
ウィンドラッシュ


*ナシラ(FL)
ナシラ

ナシラ

時間がなくて

ほとんど庭に出ることができませんでした。

*パープル・スプレンダー(FL)
1976年 E.B.LeGrice(英)
パープル・スプレンダー



*ジュビリー・セレブレーション(ER)
ジュビリー・セレブレーション

ジュビリー・セレブレーション



*ジーン・ティアニー(Generosa)
1999年 Guillot(仏)
ジーン・ティアニー

今年初の真夏日?

30度を超えたみたいですね。水不足も懸念されるということですが。。。
乾ききった庭に立つと、どうか適度に降ってねと祈るばかりです。


*オーロール・ドゥ・ジャックマリー(Generosa)
オーロール・ドゥ・ジャックマリー

オーロール・ドゥ・ジャックマリー

オーロール・ドゥ・ジャックマリー



*スィート・カバー(タウニー&カントリーローズ)修景
1999年 Poulsen(丁抹)
ミニバラとして売られていた挿し木苗ですが、大変丈夫で花付きの良い品種
です。只今メキメキと成長中。楽しみです♪
スィート・カバー



*エミリー(ER)
1992年 David Austin(英)
少しつまった感じの咲き方になってしまいましたが、沢山の蕾がつきました。
只今の花径6cm弱。気がついたときには開ききっておりました。苦笑
次はもっと良いショットを撮れると良いのですが。。。
エミリー



*ハニー・ディジョン(HT)
ハニー・ディジョン



*ワイズ・ポーシャ(ER)
ワイズ・ポーシャ



*レディ・エマ・ハミルトン(ER)
2005年 David Austin(英)
ブラインド処理後初めての一輪ですが、多分本来の咲き方ではないので
しょうね。外花弁は穴があき、かわいそうな初花になってしまいました。
花径も6cmほどです。雰囲気はとても良いのでこれからに期待♪
レディ・エマ・ハミルトン

レディ・エマ・ハミルトン



*アンスティテュ・リュミエール(Generosa)
2003年 Guillot(仏)
残念ですが品種違いを確定して、次回からは(品種不明)にしたほうが良い
かなと思っています。さすがに3年目ですからね。苦笑
アンスティテュ・リュミエール



*ジュビリー・セレブレーション(ER)
2002年 David Austin(英)
ジュビリー・セレブレーション



*ロッキンヴァー(ER)スコティッシュ・ローズ
ロッキンヴァー

ロッキンヴァー

パートナーの

Birthday♪随分前からアピール三昧。別に何か欲しい訳ではないのですよ。
多分。。。ネ。笑
「もうすぐ誕生日♪」「もうすぐ父の日♪♪」さすがに子供たちも閉口気味。
耳タコですよね。そんなに繰り返さなくても皆チャント覚えてますって。
今日ばかりは王様かしら?爆


*ピンク・シェル(Pathio)
どこかで見たような。。。そう!ある冬の日の粉粧楼。。。( ¨)遠い目
ピンク・シェル



*ウィリアム・クリスティー(Generosa)
こちらは先日のとは別の株です。それほど多くはありませんが同じ品種を
2~3株持つことも。笑
同じ環境で育てていても其々個性があり、同じようには咲かないのも面白い。
こちらは青みが少なく毎回オレンジっぽく咲きます。どちらかというと
先日Upしたほうの色味が好きなのですが、好みのほうに限って具合が悪かっ
たりするのは上手くはいかないところ。苦笑
ウィリアム・クリスティー

この角度だとかなり似て撮れましたが、実際はもっと差があります。
ウィリアム・クリスティー

下が先日の株の咲き進んだ画像です。
ウィリアム・クリスティー

次はシャンタル・メリューの今年伸びたシュートの先。上の株にシャンタル・
メリューの名札が刺さっていましたが、コノ葉だけでも見分けることができ
ました。新葉の色も違いますし緑にも照りがあるのです。
モチロンこの二者択一だったからわかったのですが。。。笑
シャンタル・メリュー



*イングリッシュ・ガーデン(ER)
花径約9cm。中心から外側のグラデーションがとても美しいバラです。
今回はこっくりした黄色にわずかにアプリコットがのりました。
イングリッシュ・ガーデン

イングリッシュ・ガーデン

イングリッシュ・ガーデン



*シェリー・メイディランド(S)
1994年 Meilland(仏)
修景バラにも分類されるだけあって大変丈夫で手がかかりません。樹形の
矯正のため冬に強剪定をしたこともあり、出足は少々遅れましたが元気
いっぱい♪ 只今の花径約6cm。房咲きになります。
シェリー・メイディランド

シェリー・メイディランド



*プリティ・ジェシカ(ER)
次々と開花中。可愛いけれど本来の咲き方に比べると少し花弁が少なめの
ような気がします。頑張れ♪笑
プリティ・ジェシカ

プリティ・ジェシカ



*コンテ・ドゥ・シャンパーニュ(ER)
つるバラとしても仕立てられる品種ですが我が家では割とコンパクトに
保っています。弾みがつくと大きくなる可能性はありますが。。。笑
ほころび始めもキュートです♪この色合いはたまりません。笑
コンテ・ドゥ・シャンパーニュ



*ポートメリヨン(ER)
開ききりました。只今の花径約8cm。
ポートメリヨン

ポートメリヨン

相変わらず

3時半には判子を押したようにばちっと目を覚ましてしまうのですが、今週
は月曜から下の娘の前期中間テストが始まっているので結構役にたっている
ようです。うふふ。彼女は試験中は朝方に切り替えるので目覚まし代わり。
普段は娘たちが試験でも、お構いなしなのですけどね。張り切って容赦なく
たたき起こしています。快感~~~♪爆


*ピンク・シェル(Patio)
全開でしょうか?大変花もちが良いと伺ったのでこの後も楽しみ♪
ピンク・シェル



*チョーサー(ER)
チョーサー

真上からも撮ってみました。笑
チョーサー



*ウィンドラッシュ(ER)
1984年 David Austin(英)
耐病性も四季咲き性も申し分ないのですが、虫にも好かれやすいのです。
この花もしっかり齧られていますしスリップスもついています。(>ω<)
遠目でヒラヒラ揺れる花姿を眺める分にはとても素敵なのですけどね。笑
ウィンドラッシュ



*イモータル・ジュノー(ER)
また咲き出しましたよ(^-^)v
イモータル・ジュノー



*ベンジャミン・ブリテン(ER)
咲き始めは割と綺麗に色を写しとることができるのですが、このくらいの
咲き加減になるとどうしても色が飛んでしまうのです。何故かしら?
あはは、腕のせいよね。
ベンジャミン・ブリテン



*グレイス(ER)
隣のクロッカス・ローズと共に休みなく咲いているので疲れたのかしら?
それとも暑くて??なんだかサッパリモードで咲きました。この花だけ
ですけどね。ソロソロお休みしてもいいのにと思いながら花がら摘みだけ。。。
グレイス



*プリティ・ジェシカ(ER)
ドアップで♪ 私はとても耐えられませんが。。。爆
プリティ・ジェシカ



*バロン・ジロー・ドゥ・ラン(HP)
思いがけなくポツンと1輪咲きました。
バロン・ジロー・ドゥ・ラン



*ポートメリヨン(ER)
旅行で留守の間に沢山咲いていたようなのですが、ピークは過ぎてしまった
感アリ。チョット残念。この他にも初花を見逃した品種は沢山あるようです。
仕方ありませんね。苦笑
ポートメリヨン

ポートメリヨン



*スキャボロ・フェアー(ER)
ポート・メリヨンの隣なので、ついパチリ♪ 可愛いんだもの~~~笑
スキャボロ・フェアー



*ライラック・ローズ(ER)
前回は既に咲き進んだ状態でしたので開き始めを♪
ライラック・ローズ

ライラック・ローズ



トケイソウです。これって正式名称かしら?いつ見てもユニークなお顔♪
トケイソウ

新しい仲間

もう増やさないと思っているのに。。。New Roses 2006で一目惚れだった
ピンクシェルが出ていたのです。。。我慢できませんでした。
モチロン鉢苗狙いでしたがタッチの差で買えず仕方なく新苗で購入。
でもね、残念賞というか。。。なんと花付きだったのですよ。ラッキー!
新苗ですと摘蕾をするのですが咲いているんですもの~~~(>ω<)
この1輪は最後まで楽しませていただきますよ。爆

*ピンク・シェル(Patio)
小川宏(日)ばら工房
ピンク・シェル

ピンク・シェル

明るい日差しの中で。
ピンク・シェル



*ジュリア(HT)
1976年 Wisbech Plant Co.(英)
安定した花色を楽しみたいと強い日差しを避けたところに置いたせいか
いまひとつ元気がなく心配していたところです。花は咲きましたがいつも
より小振りですし、根詰まりも考えられるので少し深めに剪定し点検を
いたします。
ジュリア

ジュリア



*チョーサー(ER)
1970年 David Austin(英)
透明感のある花色が美しく香りもあり四季咲き性も良好と良いことづくしの
バラですが、我が家ではなかなかシュートがでないのが悩みの種です。
今年こそと思うのですがどうでしょうか。鉢管理です。
チョーサー

チョーサー

チョーサー



*アルブレヒト・デューラーローズ(HT)
先日の初花がまだもっています。退色した花色もはっとする美しさです。
アルブレヒト・デューラーローズ



*ザ・プリンス(ER)
1990年 David Austin(英)
一度ウィリアム・シェークスピア2000と並べてみたいと思うのですが
時期がずれてなかなか実現しません。笑
ザ・プリンス

横から。。。あ、外花弁が傷んでいるのがバレバレ!爆
ザ・プリンス




*ラベンダー・ドリーム(S)
先日の写真が1輪のアップ画像でしたから房咲き画像を♪
ラベンダー・ドリーム

雨のあとは

砂利敷きの部分の草むしりをしてしまいました。面白いようにするっと
抜けるのであっという間に綺麗に♪達成感もまずますです。笑
ブログもやっとカレンダーに追いつきましたよ。(^-^)

家の中ではシンニンギアが満開を迎えています。季節はずれのピックが
刺さっているのは見なかったことに。。。爆
蕾はまだ10数個株元にあるうえ、なお増産されているようす。花持ちも
すこぶる良いので体力を消耗しきってしまうのでは?と心配にもなります。
花が重たくて傾いてしまっていますね。実際はもっとマットな質感で
口紅を差したような部分はビロードの光沢。葉挿しで増えます。
シンニンギア



今日のバラ
*シャンパン・モーメント(FL)
雨痛みもなく綺麗に咲きました。花径7cm。
シャンパン・モーメント

シャンパン・モーメント



*ダム・ドゥ・シュノンソー(S)
2002年 Delbard(仏)
蕾画像も撮らないうちに咲き進んでしまいました。カタログとも大分雰囲気
が違いますが、複雑な色合いを含んだピンクにしばし魅入ってしまいました。
雨痛みは少々ありますが、花径は10cmを超えています。大きい上に
雨を含んで重くなり、すっかり俯いておりましたが無理やり顔を上げて
撮りました。笑
ダム・ドゥ・シュノンソー

ダム・ドゥ・シュノンソー

ダム・ドゥ・シュノンソー



*マダム・フィガロ(S)
繊細な花色ですから雨痛みを懸念していましたがまだ綺麗ですね。これだけ
雨を含んでいますから今度は開ききれるかどうかも心配に。ドキドキ。
マダム・フィガロ

マダム・フィガロ

マダム・フィガロ



*ジェーン・オースチン(ER)
こちらも雨痛みもなく美しく咲き続けています。
ジェーン・オースチン

ジェーン・オースチン



*オルソラ・スピノーラ(Grnerosa)
このバラはいつ見ても違う表情だったりします。そんな気まぐれ咲きが
気に入ってたりもするのですが。。。笑
オルソラ・スピノーラ

オルソラ・スピノーラ

オルソラ・スピノーラ



*ハニー・ディジョン(HT) 花径只今9cm。
ハニー・ディジョン

ハニー・ディジョン

花芯を覗きこんでみました。
ハニー・ディジョン

ついでにうなじも。。。笑
ハニー・ディジョン



*シュネービッチェン(FL) 別名:アイスバーグ
驚いたことに写真をUpしていなかったようです。すでに最初のピークは過ぎ
また咲き出したところだというのに。。。良く咲いてくれるバラは損でかも。
シュネービッチェン



*緑光(FL)
コチラはあまりに花持ちが良くて、いつも同じような状態に思えて写真を
撮り忘れています。開き始めを見つけたのでパチリ。
緑光



*ベンジャミン・ブリテン(ER)
この明るい赤は可愛いなと見るたびに思うのですよ。笑
ベンジャミン・ブリテン



*プリティ・ジェシカ(ER)
今年の初花はとっくに咲いてはいたのですが、写真に撮れるような状態では
ありませんでした。虫に齧られたりボーリングしたり。。。苦笑
深いカップを保ち花弁ぎっしりですが、意外とボーリングは少ないのです
けどね。今回もチョッピリ歪ですが。。。
プリティ・ジェシカ

プリティ・ジェシカ

写真整理⑦

*ウィリアム・クリスティー(Generosa)
次々と咲き始めました。ほとんど拳骨の状態から5本バランスよく立ち上が
っています。この品種本来とても丈夫なのだと思います。具合が悪くなった
原因はコガネの幼虫とカイガラムシのダブルパンチでした。
ウィリアム・クリスティー



*リッチフィールド・エンジェル(ER)
色も浅く花弁も少なく花径も小さめですが、やはり可愛い♪笑
買ったときのままのオースチンポットですから花が終わったら。。。
さてどうしましょ。
リッチフィールド・エンジェル

s.kai@trust.ocn.ne.jp

リッチフィールド・エンジェル



*ヴェロニク B.(Generosa)
開花に連れて雰囲気がかわるのですよ。
ヴェロニク B.



*ハニー・ディジョン(HT)
今年の初花は蕾をみんな齧られて悲惨な状態で写真が撮れなかったのですが
今度は大丈夫♪笑
ハニー・ディジョン



*ラベンダー・ドリーム(S)
とっくに咲き始めていたのに写真を撮り忘れていました。滝汗
ラベンダー・ドリーム


*ルドゥテ(ER)
うっかりしてたら咲き進んでしまいましたね。
ルドゥテ

写真整理⑥

*アルブレヒト・デューラーローズ(HT)
外花弁が透き通るようななんともいえない色合いで写真より実物のほうが
何倍も素敵です。派手な色合いはあまり好みではなかったりするのですが
コレは別。注文時にも随分躊躇したのですが杞憂に終わりました。
モチロン季節によっても色々な顔があるでしょうけれどコノ瞬間で満足♪笑
アルブレヒト・デューラーローズ

アルブレヒト・デューラーローズ



*ヴェロニク B.(Generosa)
2001年 Guillot(仏)
虫に好かれ雨痛みもするので、良い写真がなかなか撮れないのが弱点。
3年目を迎え力がついてきたせいか、今年はチョット違う気がします。
少し痛んでますけどね。笑
ヴェロニク B.



*ジェーン・オースチン(ER)
今年も立派なシュートを伸ばしています。株も充実して次から次へと
休みなく花を咲かせています。虫はつきますが病気知らずなんですよ。
ジェーン・オースチン

ジェーン・オースチン



*エセックス(S) Towne & Country Series
1989年 Poulsen(丁抹)
花径3cmほどの可愛い星型の花です。こちらも非常に強健で病気知らず。
エセックス

写真整理⑤

この日の夜に私のスーツケースが届きました。マドリード~グラナダまでは
私を追いかけていたらしいです。パッキングしたままの中身を黙々と片付け
ました。なんにもなくとも旅はできると思った今回の旅行です。でもね、
戻ってきてくれて本当に良かった♪大切なものもありましたし必需品だって
それなりに。笑


*アルブレヒト・デューラーローズ(HT)
アルブレヒト・デューラーローズ



*テンダー(FL)
2001年 河本バラ園 タキイ専売
花径7~8cm なんだかすごく久しぶりのような気がします。どうして
かしら?笑
いつも同じように良く整った綺麗な花型・花色で咲きます。丈夫で手が
かかりません。
テンダー



*オードリー・ウィルコック(HT)
びっくりの大きさです。この時点で既に12cmはありますから。。。
オードリー・ウィルコック



*ザ・ヨーマン(ER)
ザ・ヨーマン



*クロッカス・ローズ(ER)
クロッカス・ローズ



*グレイス(ER)
グレイス

グレイス

写真整理④

*ロココ(S)
鉢植えで背の高さくらいに育てていますが、花付きはとても良いです。
花径10cm以上。丁度ベランダからのぞく位置に優しく揺れるので通り
から良く見えて結構評判が良いのです。笑
ロココ

ロココ



*ウィリアム・クリスティー(Generosa)
開ききりました。何枚の花弁があるのでしょうね。
ウィリアム・クリスティー



*スキャボロ・フェアー(ER)
ERらしくないと言えばそうなのですが、ロッキンヴァーと共に大好き。
今年も良く頑張っています。
スキャボロ・フェアー



*アルブレヒト・デューラーローズ(HT)
日差しの優しいところに置いたのですが、ぽっと灯りが灯されたようです。
アルブレヒト・デューラーローズ

アルブレヒト・デューラーローズ



クレマチス(白万重)がたわわに咲いて綺麗です。
白万重

写真整理③

*サンテグジュペリ
実は葉は何ものかに食害され、上のほうの柔らかい葉はほとんど葉丙と葉脈
の一部だけが残る悲惨な状態。苦笑
葉色との対比も美しいと思うのですが今回はパスせざるを得ません。
サンテグジュペリ

サンテグジュペリ

サンテグジュペリ



*ザ・フェアリー(Pol)
3回も移植しているにもかかわらず、大変丈夫で信頼のおける品種です。
なによりこの房咲きが可愛いのです。ポリアンサですけれど結構伸びます
から毎回かなり強く剪定してこんもりと茂るよう仕立てています。
それでも勢いの良いシュートが飛び出て、別の表情を与えてくれるのですよ。
コーネリアの下方に植えていますがコーネリアが一段落した今、満開を迎え
嬉しい限り♪
ザ・フェアリー



*ウィリアム・クリスティー(Generosa)
何故かシャンタル・メリューの名札がついていて不安ですが。。。笑
この咲き方は我が家で見慣れたウィリアム・クリスティーに相違ありません。
葉色も合ってますし。
どちらも拳骨に近い剪定をしてあるので元樹形に合わせるのも困難な状態
ですけど多分大丈夫。
とはいえ、ネットサーフでつるのように誘引している画像を見たときには
アレレ?うちのはコンパクトだし年間を通じてよく咲くし、もしかして
品種違いかしら?と思ったりしたのは事実です。まだ見たこともないのに
ラ・ローズ・ボルドー?などと想像してみたり。うふふ。ボルドーって
色でも無い気がしますけど。
日本での栽培実績が少ない花はラベルをそのまま信じますが、人間のする
ことですから間違いがないとは言い切れません。
日本で生産されるようになり、身近になりつつあるのは喜ばしい限りです。
ウィリアム・クリスティー

ウィリアム・クリスティー



*ワイズ・ポーシャ(ER) ワイズ・ポルティア(ER)
1982年 David Austin(英)
こちらも蕾画像をUpし忘れていたようです。ポリポリ。
鉢管理ですが、今年は今までより日当たりの良いところに移動しました。
モーブ系の色合いを楽しみたくて、直射日光を避けていたら花付きが今1つ
悪かったので。笑
ワイズ・ポーシャ

ワイズ・ポーシャ



*ライラックローズ(ER)
長らくシュートが出ませんでしたが今年は元気なシュートがでて一安心。
咲き進んでしまいましたが、こんな色合いも大歓迎♪
ライラックローズ

ライラックローズ

ライラックローズ



*フローランス・ドゥラートル(Generosa)
留守の間もずっと咲き続けていたようです。退色して本来の咲き方とも
また違っていますが、ここらで一休みいただいてまた元気に咲いていただき
ましょ♪
フローランス・ドゥラートル

フローランス・ドゥラートル



*ワイルド・ブルー・ヨンダー
2006年 Weeks(米)
1年以上経過しているのですが、花付きどころか成長自体が思わしくなく。。。
環境を変えるため、今年は思い切って日差しガンガンの南斜面に仮置き
してみました。咲かぬなら咲かせてみせよう。。。というわけでもないのです
が。。。爆
どうやら目覚めてくれたみたいですが、微妙な花色は何処へ?笑
でも片鱗はみてとれますよ。とりあえず、もう少しココで様子をみること
にいたします。
ワイルド・ブルー・ヨンダー

ワイルド・ブルー・ヨンダー



*ジャックネッタ(ER)
ホントに良くがんばりますね。笑
ジャックネッタ



*クレシーダ(ER)
大きくゆったりと咲いています。
クレシーダ

クレシーダ



*コーデリア(ER)
2000年 David Austin(英)
写真ではなかなか魅力が伝わらないのですが、透き通るような蛍光ピンクが
ちっとも厭味でないのは花型のせいですね。
コーデリア



*ザ・ヨーマン(ER)
シャネル同様に日当りが良すぎると蛍光色に発色するので、場所を変えた
ほうが良いかしら?とも思うのですが。。。株自体がとても調子が良さそう
なのでためらわれます。どぎつくはないので良いかな。笑
ザ・ヨーマン



*ジョン・クレア(ER)
今年もとびきり元気に次々と華やかに咲いています。あまりに良く咲くので
つい写真を撮るのを忘れたり。滝汗
ジョン・クレア

写真整理②

*サンテグジュペリ
2003年 Delbard(仏)
蕾画像もUpしていなかったようですね。滝汗
今年迎えた大苗です。開花を大変楽しみにしていました。
初代は1961年に作出されたようですがそれも見たかったなぁ~(*^-^*)
サンテグジュペリ

サンテグジュペリ

サンテグジュペリ

写真整理①

6月9日です。。。汗
あっという間の1週間でした。10日留守にしたのでなにかと雑用も。
昼夜逆転現象は大分解消しましたがココ2-3日は3時半にはスッキリ
目覚めが。。。もう2時間寝ると丁度良さそうですが身体はそう上手くは
反応してくれません。これも老化?

帰宅後まず目に入ったのがバイカウツギ。とても綺麗に咲いていました。
バイカウツギ



*カラメラ(HT)
ピークは過ぎたようですが退色して優しい色合いになった大きな房咲きが
美しく揺れていました。
カラメラ



*カントリー・リビング(ER)
なんとか間に合ったようです。鉢植えにしていますが、どうやら大きく
なりたくてうずうずしている感じ。笑
地植えも検討せねば。。。(^-^)
カントリー・リビング

カントリー・リビング



*チャールズ・レニー・マッキントッシュ(ER)
なんとかギリギリ間に合ったみたい。もうお終いの花姿ですが。。。苦笑
チャールズ・レニー・マッキントッシュ

スペイン・ポルトガルの薔薇

無事帰国しました(^-^)
ヒースロー空港で私のスーツケースが行方不明になり結局最後まで手元に
届かないアクシデントはあったものの、充分に楽しんでまいりました。笑

スペインでもポルトガルでも美しく咲き誇る薔薇を沢山見かけました。
品種名はわかりませんが、ほんの少しだけご紹介しますね。

spain.jpg

spain2.jpg

spain3.jpg

spain4.jpg

spain5.jpg

spain6.jpg

spain7.jpg

spain8.jpg

spain9.jpg

spain10.jpg

spain11.jpg

spain12.jpg


薔薇以外にも沢山の美しい花や樹が。。。
spain13.jpg

spain14.jpg

spain15.jpg

spain16.jpg

spain17.jpg


一休みしましたら日常に戻ります。またお付き合いくださいませ♪
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。