Flashカレンダー


最近の記事*コメント


カテゴリー


ブログ検索


リンク


スイセンプロジェクト


ファンタジスタです(^^)


 1stステージ「Wanted !」
 2ndステージ「バミューダ!」
 3rdステージ「黄色い花と3000の夢!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

管理人より

サフラン

Author:サフラン
 
1957年生まれ*天秤座*B型
夫と成人した娘が二人
そして2ニャン+ワンの家族構成
東京都下に生息(^^)

細かなカテゴリ分けをしていない
不親切ブログで申し訳ありません。
品種名をコピーして「ブログ検索」
をかけていただくと、他画像もご覧
いただけます。


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


過去ログ


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌の根も乾かぬうちに

クリスマスローズは今年は増やさないつもりだったのに。。。
開花株を見たらつい手がでてしまいました。苦笑
やはり魅力的な花です。良い花はびっくりの高値で取引されているよう
ですが、身の丈にあったところで楽しんでいます。笑

*パーティードレス(バターイエロースポット)
イエローブロッチと似て非なるもの。笑
メリクロンですから小さな苗を買って、来年か再来年の開花をゆっくり
待っても良かったのですが。。。苦笑
クリスマスローズ バターイエロースポット


*実生株 ダークピンク系ピコティダブル
花弁の外がパウダリーなダークピンクで内側は淡いグリーンからクリーム。
俯いていてもコントラストがとても綺麗で一目惚れ。
似たような花は沢山ありますが心惹かれる花姿でした。
クリスマスローズ ダークピンクリバースピコティW


*パーティードレス(ライムイエロー)
昨年は見かけなかったようですが。。。今年デビューかしら???
淡いイエローがとても可愛らしいです。カナリアイエローよりは淡い
感じでしょうか?
クリスマスローズ(ライムイエロー)


我が家の苗たちはといえば。。。蕾が丁度このくらい♪楽しみも蕾と共に
ふくらんでまいります。
クリスマスローズ

スポンサーサイト

まとめ書き(^^;

2月8日に書いてます。トホ
晴天続きのうちに庭仕事を少しでも進めておきたくて。。。ブログの更新
より寝ることが優先。すぐ足腰にくるので(太りすぎだともっぱらの噂)
痛めないよう慎重に動いているつもりですが夢中になってしまうとついね。

*ペルディータ(ER)(パディータ)
1983年 David Austin(英)
1/26の蕾
細い枝先に果実のような瑞々しい蕾が1つ。鉢植えなので南側に移動。
ペルディータ


1/30ゆっくりひらいてきました。
ペルディータ


少し持ち上げて別の角度から。。。美しさにタメ息がでそうです。
ペルディータ


*メアリー・マグダレン(ER)
1998年 David Austin(英)
1/26 びっくりの可愛いピンク。これではラベルを見ないとわかりません。笑
メアリー・マグダレン


1/30 開いてきましたがやはり見慣れた花ではありません。
とてもキュートですが、別の品種のようで落ち着きませんね。
メアリー・マグダレン


*イングリッシュ・ガーデン(ER)
残した一枝がやっと開きました。もう1つ蕾がありましたが剪定。
少しでもお休みしてもらって春に備えて欲しいと思います。
イングリッシュ・ガーデン


*エリーヌ・ジレ(ジェネローサ)
この段階で止まったまま固まってしまいましたので昨日(2/7)剪定。
春の花を楽しみに♪
エリーヌ・ジレ

驚きの鉢苗

昨年注文した最後の1苗が届いたのですが箱の大きさにびっくり!
別の商品が届いたのでは?と恐る恐る箱を開くと、目に飛び込んだのは
わさわさの緑の葉と頂点についた蕾♪
冬の剪定済みの5号の鉢バラのはずでしたが。。。
箱からそっと取り出し品種確認。合ってます♪お手紙を開くと暖冬で休眠が
遅れたため剪定を行わず送ってくださったとのこと。
この時期こんなに綺麗なわさわさの緑の葉は貴重です。しかも蕾♪にまぁ~
なんだかとっても得した気分。ありがとうございます。

*アンティークレース(オランダ)切花品種
デ・ルイター社 作出年度は只今のところ不明(^^;....調べますね。
直立樹形のはずですが。。。びっくりの横張り樹形。
アンティークレース


切花品種にはままあることですが最初折り曲げてあったのかしら???
そんなふうに思われるほど左の枝は曲がってます。重みで枝の付け根が
ゆらゆら。笑
アンティークレース


株元を見ると。。。しっかりしてますが、新しいシュートの根元の黒ずみ
がチョット気になったり。
アンティークレース


よく見るとシュートになりそうな緑のポチが株元にいくつか見られます。
アンティークレース


このままでは置き場にも困りますから、剪定は2月上旬との注意書きが
ありましたけれど予備剪定をしてしまうことにしました。
古い枝を根元から15cm程度で上に伸びそうな芽のところまで切り戻し
ばっさり落とした枝からバックアップとして挿し木にする2本を取り分け
切り口はキニヌールで保護。トップジンMペーストと気分で使い分けてます。
アンティークレース


新しいシュートのほうはそのままに。そして挿し木を2鉢。笑
アンティークレース


シュートの先の蕾は。。。そのまま。爆
イエイエ!全部咲かせるつもりなどありません。大きいのをあわよくば
一つだけ。
アンティークレース


この時期こんなに瑞々しい苗に出会うのは珍しいので、つい沢山貼り付けて
しまいました。お目汚し失礼しました^-^;アハハ...

*エリーヌ・ジレ(ジェネローサ)
褒めていただいたので調子にのって本日の1枚。笑
ほころび始めました♪
エリーヌ・ジレ

その後。。。笑

冷たい雨が止みお日さまが顔をだすとみるみる開花。
トレバー・グリフィス(ER)です。
トレバー・グリフィス


うなじもいかが?笑
トレバー・グリフィス


午後日差しが強くなるとすっかり開ききりました。
お疲れサマ。春まで休んでねと剪定。ただしあまり深くは剪定しません。
まだかなり頼りない株ですからね。花は小さな一輪挿しに♪可愛いです。
トレバー・グリフィス


1/11にUpしたエリーヌ・ジレはまだほとんど変化がありません。
エリーヌ・ジレ


こちらはやはり1/11にご紹介したクイーン・エリザべスのその後。
ゆっくり開いています。
クイーン・エリザベス

初雪です

散りゆく花びらのような雪がはらはらと舞い降りてきました。
デッキのテーブルの上に置いたミニバラの小さな葉にも着地。。。
初雪


本日のバラ
*トレバー・グリフィス(ER)
1994年 David Austin
本来コンパクトなバラですが、お迎え当初から非常に頼りない株で育って
くれるだろうかとかなり心配しました。秋に良いシュートが1本だけですが
出てくれたのでホッと一息です。咲かせて良いのかしら?の株姿でしたが
花付きは決して悪くなく、数は少ないけれど定期的にポツンポツンと咲いて
は存在を主張する可愛い子です♪今日は出血大サービス!?笑
トレバー・グリフィス

トレバー・グリフィス

トレバー・グリフィス


*ジェラティーナ(SP)
2004年 今井サーセリー 切花品種
昨年暮れに固いグリーンの蕾付き苗を購入。
ゆっくり開こうとしています。本来のお色よりも少しダークな感じかも
しれません。
ジェラティーナ


*特別出演(ニャンコ1号)
いつかどこかで見たことあるニャア。。。ハラハラ舞う雪を飽くことなく
眺め思索中。小さな雪の粒がご覧いただけるかしら?
ノア

ちなみに2号は病気療養中につき自宅待機。
ワンコ1号は。。。パパと一緒に爆睡中(_ _)..zzZZ

クリスマスローズ

もう少し変化が大きくなってから写真を撮ろうと思っていたのですが。。。
「別冊NHK趣味の園芸 クリスマスローズのすべて」が書店に並んでいる
との情報をいただき早速走ってしまいました。笑
平積みにされているものと思い込んでおりましたが棚に2冊だけ。
教えていただかなかったら気付かなかったかもしれません。感謝です。
最初は写真の美しさに見惚れ、読み進めば充実した内容に大満足♪
シーズン真っ只中に手中にできて良かったです(^-^)v
読んでいるうちに我が家のクリローさんの様子を急に見たくなり撮影会と
相成りました。爆
クリスマスローズのすべて


1/10のピンクベインダブルのその後です。
花弁が見えてきました。順調に育っています♪
クリスマスローズ ピンクベインW


こちらもピンクのはずでしたが。。。アラ?紫???(^-^;
濃いピンクだったかも。。。開いてみなければわかりませんね。
鉢移動もするので今期はもう少し詳しいデータを書き込む必要有りです。
クリスマスローズ


この株は昨年輸送時の事故で根元からポッキリ折れて到着した株です。
見事復活いたしました。赤のダブル。
クリスマスローズ 赤W


かなり大株に育っているのですが。。。色表示のタグが紛失。汗
こうしてみると茗荷みたい。笑
クリスマスローズ

寒くても頑張ってるよ♪

そんな声が聞こえそうな花たちを♪
バラがメインの冬枯れの庭にも彩りを添え頑張っているお花があります。
ほとんど休むことなく咲いている花もあればこの時期になると咲く花も。
どれも皆可愛い。珍しくもないありふれた花もそれぞれが美しいとカメラを
向けると改めて感じます。少しずつご紹介してまいりますね。

*ユリオプスデージー
小さな鉢植えでしたが地におろしたらみるみる大きくなりました。
梅雨時まで咲き続けます。
ユリオプスデージー


*クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)
毎年この位の時期になるとこぼれダネから発芽した苗が咲き始めます。
思いがけないところに見ることもしばしば。よほどのことがないと抜き
ません。清楚で可愛くて愛おしい♪笑
春には立派な大株になります。花後抜いてまた翌年を待つのです。
ノースポール


*ルクリア(匂い桜)
今年も咲きました。本来なら冬の間は家の中で楽しんだほうが良いので
しょうけれど、名前通り香りが強いので年中軒下で管理しています。苦笑
めげずにちゃんと可愛い花を咲かせてくれました。外では香りが拡散して
私には丁度良いのですよ。
匂い桜

冬枯れの庭

すっかり淋しくなった庭ですが、まだ剪定しきれないバラもわずかに。
ほぼ全てのバラに鋏が入っているのですが蕾のある枝は切るのがしのびなく。
休ませてあげるべきか、咲かせるべきか。。。笑

今日のバラ
*ラベンダー・ピノキオ(FL)
ニュアンスのある花色にうっとり♪これで心残りなく剪定できそうです。笑
ラベンダー・ピノキオ


*マチルダ(FL)
もう何日もこの状態を保っています。シベが日にちの経過を物語っていますね。
マチルダ


*ペルル・ドール(FL)
ずっと咲き続けてましたが、さすがに休眠の兆し。。。撮影後剪定しました。
ペルル・ドール


*ワイルドイヴ(ER)
一瞬、あら?何だったかしら??とハテナが廻った花姿。
一枝残して剪定。まだ蕾が2つ。笑
ワイルドイヴ


*エリーヌ・ジレ(ジェネローサ)
1997年 Guillot(仏)
今期最後の蕾でしょうね。開いてくれると良いのですが。。。
エリーヌ・ジレ


*クイーン・エリザベス(HT)
1954年 Dr.Walter Lammerts(米)
グランディフローラ系を確立した基本種ということで噂に違わぬ咲きっぷり。
そして強健です。背は高く伸びているのですが、足元の低い枝先にポツンと
蕾がつきました。なんだか可愛いの♪
クイーン・エリザベス

45Lゴミ袋2つぶん

今日の庭ゴミです。苦笑
地上部が枯れた大型植物の処理・古葉の整理・剪定・雑草除去等今日の
作業の成果。
庭ゴミは1回の収集で2袋までですから、なるべく小さくカットし更に乾燥
させて嵩を減らし出します。コンポストの導入等も今後の検討課題ですね。

今日はクリスマスローズを♪
地植えも含め結構な数がありますが、どうやらダメだったのはリヴィヅス1鉢
だけの模様。葉が美しく気に入っていただけに大変残念ですが、全体としては
まずまずです。

*フェチダス
1番最初に開花するのではないかと思っていますが、まだもう少しね。
クリスマスローズ フェチダス


*アグティフォリウス
こちらも有茎種ですからまだまだでしょうか。
クリスマスローズ アグティフォリウス


*チベタヌス
夏に地上部がすっかりなくなって、よもや枯らした?とドキドキしたのですが
赤い芽が2つでてきています。良かったぁ~!
クリスマスローズ チベタヌス


*ピンクベインダブル
この株が早そうかな?
どんぐりの背比べですが花芽の先がほんの少し見えた程度の株も多いです。
開花までにはまだ相応の時間が必要ですね。
クリスマスローズ ピンクベインダブル


開花株も出回る今日この頃ですが今期は見ない振り。誘惑に負けない努力も
必要です。笑

庭日和でしたが

それぞれ学校に職場にと出かけましたので、普段の生活に戻ったのですが
庭ゴミを午後の収集に間に合うよう出したのち、ほんのチョット横になる
つもりが延々と。。。(^-^;...
せっかくの庭日和が台無し。お休み疲れかしら???苦笑

本日のバラ
*コンテ・ドゥ・シャンパーニュ(ER)
2001年 David Austin(英)
つるばらにも仕立てられるバラですが、我が家では地植えにもかかわらず
割とコンパクトに育っています。もしや肥料が足りなかった?今年はもう少し
大きく育ててもいいなぁ~。気温のせいかピンクを纏って咲きました。
コンテ・ドゥ・シャンパーニュ


*ポートメリヨン(ER)
1999年 David Austin(英)
淡いピンクのバラに囲まれて、このピンクは程良いアクセントになって
います。シュラブ樹形ですが背丈がそれほど大きくならないので重宝です。
可愛く手間要らずでありがたい存在ですね。
ポートメリヨン


*粉粧楼(Ch)
1924年頃
我が家には鉢植えと地植えの2株があります。同時に迎え、ほぼ同じくらい
の大きさに育っていますが花数では地植えに軍配。この写真は鉢植えです。
只今地植えは小さなコロコロが房咲きに♪笑
粉粧楼


*緑光(FL)
繰り返し良く咲き、決して華やかなバラではないので、つい写真を撮りそびれ
たりするのですが、さすがにこの時期には目だっています。笑
ほんのりピンクが挿して可愛い表情です。
緑光

ミニバラたち

庭のバラもまだポツポツ咲いてはいますが、庭がすっかり淋しくなるこれから
の季節につい手が出てしまうのがミニバラです。
今日はその中から少しだけご紹介。
ナーセリーパワーが充分残っているせいか戸外でも非常に長い間楽しませて
くれるのですよ。
また外で冬越ししたミニバラはとても頼もしく育ってくれます。
1年以上を過ごしたミニバラはこの時期はお休みに入りますが、まだ咲く気の
苗もチラホラ。笑

*グラウンブルー(作出:今井ナーセリー)
切花品種です。
暮れに1輪摘んで花瓶に挿したものもまだ美しさを保っています。
ただ販売元のセントラルローズさんによるとウドンコに少々弱いとのこと。
微妙な色合いのバラには管理に気遣いが必要なものが少なからずありますので
お迎えにあたり注意事項を明記してくださるのはありがたいことです。
グラウンブルー


*チュチュ・オプティマ(オランダ デ・ルイター社)
バレーリーナのチュチュをイメージとあって、とても可愛いミニバラです。
ブラッシュが入りニュアンスを添えています。。。上手に撮れてないですね。
f(^_^)ぽりぽり
チュチュ・オプティマ


*ファッションパレード(デンマーク ポールセン社)
パレードシリーズの1つです。ツンツンした花弁がとても可愛いのですが。。。
早速義母がお持ち帰りで既に我が家にはありません。
喜んでいただければそれでよしです。笑
ファッションパレード


*アンティーケ・コルダナ(ドイツ コルデス社)
我が家にはアンティーケが何鉢かあります。丈夫で背丈も大きく育つのですが
桃饅頭(たとえがヤボね。笑)のような花型には滅多にお目にかかりません。
咲く度に印象が違う気が。。。(^-^;...
それでも可愛いことには変わりないのですけどね。笑
アンティーケ・コルダーナ


*レッド・シンフォニーとビエンナ・フォーエバーの寄せ植え
お正月なので紅白で目出度くと思ったのですが、折からの強風でてんで
バラバラの方向を向いてしまってます。苦笑
簡易寄せ植えは小さなスリットに一旦移し、スリットごと寄せ植えします。
レッド・シンフォニー+ビエンナ・フォーエバー

本年も宜しくお願いいたします。

年末年始を義母を迎え我が家で過ごし、送りかたがた九十九里の温泉で
一泊してまいりました。
砂風呂なるものも初体験。美味しい料理に舌鼓を打ち心身ともにリフレッシュ♪
ブログも新たな気持ちで更新してまいりたいと思います。笑

日本一大きな鏡餅だそうですよ。
生憎の曇り空で白波が立っていますが、結構サーフィンを楽しむ人達が。。。
あ、波がなくてはサーフィンはできませんね。苦笑
寒さなんてへっちゃらのツワモノ揃いなのね。
鏡餅


帰宅後デッキにでたら可愛いお客さま発見。
酉年なのに鳥の名前はさっぱりわからないのですが。。。笑
4倍ズームで撮ってます。私のコンパクトカメラではコレが限界。
決してお隣を覗いているわけではありませんよ~。核爆
鳥


*季節はずれの。。。ハイビスカス^-^;アハハ...
スタンダード仕立てです。11月に北玄関脇から南デッキに移動。
12月の初めまで日当たりの良いデッキですごしましたが、さすがにもう
中に取り込まねばと鉢増し・剪定したのは良いけれど。。。
短い枝先に付いた蕾だけはもったいなくて。。。つい。爆
1月1日に開花しました。いつもとは違う色合い・咲き方ですけどなんだか
縁起が良い気がしないでもない♪笑
ハイビスカス


*シクラメン ビクトリア
年末にいただいたものです。花も然ることながら葉の見事さに圧倒されました。
シクラメンは葉の数だけ花が咲くと耳にしたことがありますがこぼれんばかり!
三鉢の競演は大変華やかです。嬉しいのですけど夏越しさせられるかしら?
プ、プ、プレッシャーが┗(-_-;)┛。。。苦笑
シクラメン ビクトリア


*セントポーリア
只今4種開花中。
左上はハーツデザイヤー。我が家で初の開花です。長かったぁ~~~♪
右上は我が家で1番の古株です。8年経ちました。未だ健在。嬉しいことです。
セントポーリア4種
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。